FXで稼ぐための初心者の鉄則

pregent

無料プレゼント名:
FX Starter Book


内容:
FXトレードに必要な基本情報を
32ページにまとめてあります。
一般のレポートスタンドと違い
直ダウンロードサイトの場所を
自動返信でお伝えしますから、
他の人のメルマガへ勝手に
登録されることはありません。
なお、使い捨てアドレスは使用
できませんのでご注意下さい



button

失敗の2つのタイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加

<バラックの軌跡を最初から読む>


前回、相場が思惑と逆の展開になったのでロスカットしたら、
翌日、当初予想した方向に戻っていた、という話を書きました。

実は、私の失敗パターンがコレです。
これで、Lion FXに預けた証拠金の半分を失っているのです。

要は、性格が臆病なので、管理画面上のポジション損益が
マイナスになると、損失の拡大ばかりが気になって、
ついつい早めのロスカットをしてしまう、ということです。

しかし、相場は売り方と買い方の攻防を経ながらトレンドを
形成して行きますから、上昇相場であれ下降トレンドであれ、
小さな波を繰り返すものです。

でも、自分の相場観に自信がないので、その小さな波を
どうしても受け入れる勇気が持てないのです。
これを業界用語で損切り貧乏と呼ぶそうですが、
私は、まさにその損切り貧乏のドツボにはまっていました。

一方、それとは逆なのが、損失先送り型の人たちですね。
相場がストップロスオーダーに近づいてくると、
逆指値の注文をずらして、損失を先送りにするタイプです。

こちらは、自身の資金に対して含み損が耐えられなく
なった時点で一発退場、ということになるわけですが、
損切り貧乏の方も、結局いつかは同じ運命をたどるわけで、
末路は同じです。

よく、プロのトレーダーの人が、
勝ち方を覚える前に、負け方を覚える方が先決だ
といっていますが、まさにそのとおりです。

このようなメンタルの強化については、どのような教材も
立派なプロトレーダーの助言も、参考にはなりません。
自分の内面との戦いなのですから、自身で克服するしか
ないわけです。

1つヒントがあるとすれば、資金管理の徹底を図り、
X回負けてもダイジョーブ
という状態の中でトレードを行うことだと思います。

私は、
1ポジションに対する損失を資金の2%
総ポジションに対する損失を資金の5%
とする、というルールを作り(いわゆる2%ルールです)、
何があってもそれを守ることを、自身に誓いました。

そして、ストップロスオーダーは、相場の小さな波に
飲み込まれない位置に設定し、損失が許容できる範囲に
ロット数を収めることにしました。

そういえば、FX-Jin氏が、3クリックFXの中で、
こんなことを書いていたことを覚えています。

過去の相場を眺めれば、
期間継続性のあるトレンドやレンジが必ず発生している。
損切りは、相場におけるその法則性が、運悪く一時的に
崩れたに過ぎない場合の必要経費である。

私は、きちんとしたルールを設定することで、
負けを受け入れる覚悟ができたように思います。
少しだけ、気持ちが楽になりました。


>>>つづく

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれると嬉しいです

null

このエントリーをはてなブックマークに追加

«  失敗の2つのタイプ  »

≪メールマガジンお申し込みフォーム≫


ここからメールアドレスをご登録頂ければ、初心者必見のFX情報を
あなたに直接配信させて頂きます。登録はハンドルネームでもOK。
メールはフリーメールでもOK、頂いた個人情報は厳重に管理します。
※は必須項目です。
姓※ (ハンドルネームOK)
E-mail※

1件のコメント »

  1. ピンバック by FXで稼ぐための初心者の鉄則 — 2013年6月15日

    [...] 失敗の2つのタイプ [...]

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

※ハンドルネームでもOKです

※フリーメールでもOKです

※未記入でもOKです

プロフィール

メールフォーム

ブログランキング

カレンダー


    2018年10月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

アクセスの多かった記事

カテゴリー

ブログランキング2





    FX

最近のコメント

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS