FXで稼ぐための初心者の鉄則

pregent

無料プレゼント名:
FX Starter Book


内容:
FXトレードに必要な基本情報を
32ページにまとめてあります。
一般のレポートスタンドと違い
直ダウンロードサイトの場所を
自動返信でお伝えしますから、
他の人のメルマガへ勝手に
登録されることはありません。
なお、使い捨てアドレスは使用
できませんのでご注意下さい



button

またまた微妙な雇用統計

このエントリーをはてなブックマークに追加


バラックです。

昨日発表された9月の米雇用統計は、またまた微妙な
数字になりましたね。

非農業部門の雇用者数の伸びは、市場予想の
17万5,000人を下回る15万6,000人でしたし、
失業率も前月から0.1%上昇し5.0%になりました。

ただ、賃金と労働参加率が上昇してますから、
まるでダメ、というほどの内容ではないんですよね。

労働参加率というのは、実際の就業者に働く意思の
ある人を加えた数字ですから、これが上昇すれば、
失業率が上がっても仕方ないわけです。

失業率には、仕事が見つからなそうだ、と考えて
職探しを諦めてしまった人は数字に含まれないので
そういう人が多ければ、見た目の失業率を押し下げる
ことになるからです。

そして賃金の上昇は、多くの人の懐具合がよくなる
ことを意味するので、企業側が販売価格を上げやすく
なりますから、物価の押し上げ効果があります。

つまり、それはFRBが金利を上げる理由になるわけです。
でも、雇用者数の伸びはそれほどでもない。
う~ん、どうしようって話になっちゃうんです。

それから、建設分野の数字が、1月以来の堅調な
ものだったということも、話をややこしくしています。

言うまでもなく、アメリカの景気をぶち壊したのは
サブプライム問題に端を発する住宅バブルの崩壊
だったわけですから、建設業界の雇用が堅調だ
ということは、もしかして、そのバブルの元凶が
立て直してきたんじゃないか、と話になるからです。

ドル/円の日足を見ると、ダブルトップとダブルボトム
の両方が見て取れるので、上放れがあっても下放れが
あってもおかしくない状況ですが、今回の微妙な
雇用統計の結果を見ると、11月の利上げはないものの、
12月の可能性は残っている感じなので、どちらにも
行くことなく、レンジに移行するのかな、という気が
しています。

週明けの動きに注意しましょう。


Maestro FXのレビュー


読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null


ブログランキング・にほんブログ村へ

2016.10.08

このエントリーをはてなブックマークに追加

«  またまた微妙な雇用統計  »

≪メールマガジンお申し込みフォーム≫


ここからメールアドレスをご登録頂ければ、初心者必見のFX情報を
あなたに直接配信させて頂きます。登録はハンドルネームでもOK。
メールはフリーメールでもOK、頂いた個人情報は厳重に管理します。
※は必須項目です。
姓※ (ハンドルネームOK)
E-mail※

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

※ハンドルネームでもOKです

※フリーメールでもOKです

※未記入でもOKです

プロフィール

メールフォーム

ブログランキング

カレンダー


    2018年5月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

アクセスの多かった記事

カテゴリー

ブログランキング2





    FX

最近のコメント

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS