FXで稼ぐための初心者の鉄則

pregent

無料プレゼント名:
FX Starter Book


内容:
FXトレードに必要な基本情報を
32ページにまとめてあります。
一般のレポートスタンドと違い
直ダウンロードサイトの場所を
自動返信でお伝えしますから、
他の人のメルマガへ勝手に
登録されることはありません。
なお、使い捨てアドレスは使用
できませんのでご注意下さい



button

五十日の朝は相場が動く

このエントリーをはてなブックマークに追加

<バラックの軌跡を最初から読む>

バラックです。

昔から、五十日(ごとうび)は、車が渋滞する
と言われていることは、ご存知だと思います。

五十日は、過去の商習慣から、企業の締め日と
なっていることが多く、そのため契約書の受領や
納品などを行なう人や車が街にあふれ、
道路が混雑するわけです。

企業の決済でも、
15日締めの翌月末日払い
とか、
末日締めの翌々月10日払い
といった感じで、
五や十の付く日に支払いを行なうところが大半だと
思います。

ということで、五・十日の東京時間の午前中には、
実需筋が決済の動きを行なうために、ドル/円が
動くことが多いのです。

少し詳しく書きます。

銀行は、自行の取引する為替レートを朝一番に決定し、
仲値を固定します。
その仲値に手数料を上乗せし、売値と買値を決めます。
各銀行がそれを公示するのは、午前10時です。

実需筋は、その公示時間に合わせて為替決済を行なう
習慣があるため、その時間に為替レートが動くのです。

一般的に実需筋は、海外への送金のために円を売って
外貨を買うことが多い、と言われています。

当然、決済に使われるのは、通常米ドルですから、
ドルの需要が高まり、ドル/円が上昇するケースが
多くなります。

さらに、それに乗ろうとする投資家の動きが加わり、
相場が一時的に大きく動くことがあるのです。

下のチャートは、きのうのドル/円の5分足です。


クリックで拡大


きのうは8月20日の五十日だったわけですが、
確かに、ちょうど10時から約1時間弱の間、
相場は上昇しています。

1分足で見ると、10時48分に高値をつけて、
そこから徐々に下がっています。

これが実需筋による為替決済の影響なのかどうかは
断言できませんが、結果だけを見ると言われている
とおりの動きになっています。

こんなことも覚えておくと参考になるのでは
ないでしょうか。

>>>つづく

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null

このエントリーをはてなブックマークに追加

«  五十日の朝は相場が動く  »

≪メールマガジンお申し込みフォーム≫


ここからメールアドレスをご登録頂ければ、初心者必見のFX情報を
あなたに直接配信させて頂きます。登録はハンドルネームでもOK。
メールはフリーメールでもOK、頂いた個人情報は厳重に管理します。
※は必須項目です。
姓※ (ハンドルネームOK)
E-mail※

1件のコメント »

  1. ピンバック by FXで稼ぐための初心者の鉄則 — 2013年8月21日

    [...] 五・十日の朝は相場が動く [...]

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

※ハンドルネームでもOKです

※フリーメールでもOKです

※未記入でもOKです

プロフィール

メールフォーム

ブログランキング

カレンダー


    2018年10月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

アクセスの多かった記事

カテゴリー

ブログランキング2





    FX

最近のコメント

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS