FXで稼ぐための初心者の鉄則

pregent

無料プレゼント名:
FX Starter Book


内容:
FXトレードに必要な基本情報を
32ページにまとめてあります。
一般のレポートスタンドと違い
直ダウンロードサイトの場所を
自動返信でお伝えしますから、
他の人のメルマガへ勝手に
登録されることはありません。
なお、使い捨てアドレスは使用
できませんのでご注意下さい



button

チャートを縮小してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

<バラックの軌跡を最初から読む>

バラックです。

エントリーの場面でも、決済の場面でも、
あるいはロスカットの撤退を考える場合でも、
目の前のチャートを見ながら、どうしようかと
迷う時があると思います。

そんな判断に迷うような時には、上位時間軸で
相場の方向を確認しても、情報のメッシュが粗すぎて
俊敏な判断の材料としては、参考にできないことも
多いものです。

そりゃ、4時間分とか、1日分の動きをまとめて
1本の足にしているのですから、当たり前です。

そこでお勧めしたいのが、自分が取引している
執行時間軸チャートの縮小表示です。

そうすると、チャートを俯瞰して見ることができます。
通常の大きさでは、相場の動きを近視眼的に
眺めていたことが分かると思います。

直近のドル/円の1時間足チャートを縮小表示してみると
8月2日からの1週間、下落相場のお約束とも言うべき
下降フラッグを出しながら、ずっと下げ続け、
現在は、これまた下落の可能性が高い三角持ち合いの
状態にあることが分かります。

もちろん、チャートを拡大しても同じなのですが、
分かりにくいとは思いませんか。

通常の大きさ
クリックで拡大画像

縮小表示
クリックで拡大画像

理由は単純です。
チャートを拡大すると、そこだけの値動きが
表示されるわけですから、縦横比の関係から
チャートの傾きが変わってしまうため、
経験の浅い者には、チャートパターンの認識が
難しくなるのです。

かといって、4時間足や日足では大雑把過ぎる。
だから、縮小表示してみるのです。

そんなことは俺もやってるよ
という人もいるとは思いますが、言われなければ
気づかなかった、という人もいるのではないでしょうか。

それから、ローソク足の下側に、オシレーター系の
インディケーターを表示させているかどうかでも、
画面スペースの関係から、チャートの角度が変わり、
それで相場を見誤ることもあります。

私自身の経験からも、最初はそんなことで
トレンドの発生に気づかなかった、などということが
けっこうあったので、気をつけてください。

>>>つづく

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null

このエントリーをはてなブックマークに追加

«  チャートを縮小してみよう  »

≪メールマガジンお申し込みフォーム≫


ここからメールアドレスをご登録頂ければ、初心者必見のFX情報を
あなたに直接配信させて頂きます。登録はハンドルネームでもOK。
メールはフリーメールでもOK、頂いた個人情報は厳重に管理します。
※は必須項目です。
姓※ (ハンドルネームOK)
E-mail※

1件のコメント »

  1. ピンバック by FXで稼ぐための初心者の鉄則 — 2013年8月12日

    [...] チャートを縮小してみよう [...]

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

※ハンドルネームでもOKです

※フリーメールでもOKです

※未記入でもOKです

プロフィール

メールフォーム

ブログランキング

カレンダー


    2018年5月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

アクセスの多かった記事

カテゴリー

ブログランキング2





    FX

最近のコメント

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS