FXで稼ぐための初心者の鉄則

pregent

無料プレゼント名:
FX Starter Book


内容:
FXトレードに必要な基本情報を
32ページにまとめてあります。
一般のレポートスタンドと違い
直ダウンロードサイトの場所を
自動返信でお伝えしますから、
他の人のメルマガへ勝手に
登録されることはありません。
なお、使い捨てアドレスは使用
できませんのでご注意下さい



button

QE縮小はドル高を招くのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

<バラックの軌跡を最初から読む>

バラックです。

先週発表された7月の米国雇用統計の数値が
マーケットの予想を下回ったことを受けて、
FRBによるQE3の早期縮小観測が後退した
という報道がありました。

この話が何を意味しているのか、正確に理解していますか。

まず、QE(量的金融緩和政策)というのは、
中央銀行が国債や証券などを買い入れて、
市場ににお金を供給する景気刺激策だ
ということは、ご存知だと思います。

現在行われているQE3では、住宅ローン担保証券を
FRBが毎月400億ドル買い入れていますが、
縮小というのは、その買い入れ額を減らすということです。
するとどうなるか。

FRBが債権の買い入れ額を減らすと、

→ 債権の買い手が減って受給バランスが崩れる
→ 買い手が減るのだから債権価格は下落する
→ その反動で金利が上昇する
→ 投資家にとって魅力が増し債券が買われる
→ 米国の債権を買うためにドルが買われドル高になる

というのが、単純なシナリオです。

しかし、話はそれほど簡単ではありません。
実はQE1の時も、QE2の時も、アメリカの金利は
上がるどころか、下がっているのです。

それは、
投機筋が、QE終了が近いことを事前に見越して
債権のショートポジションを仕込んでおいて、
QE終了後に利確の決済をしたからではないか
と言われています。

つい最近も、このブログで書いたばかりですが、
織り込みというヤツです。
事前に織り込まれてしまっていたために、
予想されたような展開にはならなかったということです。

ここでもまさに、噂で買って事実で売る
という相場の格言どおりの展開になっているのです。

我々素人が、経済ニュースの上っ面を読んだだけで
相場の行方が分かったような気になっていると
大ケガをすることになります。

ドル/円のロングを仕込んでおこう
などとは、考えない方がよさそうです。

>>>つづく

読んでくれた証拠にポチッ
クリックしてくれるとやる気が出ます

null

このエントリーをはてなブックマークに追加

«  QE縮小はドル高を招くのか?  »

≪メールマガジンお申し込みフォーム≫


ここからメールアドレスをご登録頂ければ、初心者必見のFX情報を
あなたに直接配信させて頂きます。登録はハンドルネームでもOK。
メールはフリーメールでもOK、頂いた個人情報は厳重に管理します。
※は必須項目です。
姓※ (ハンドルネームOK)
E-mail※

1件のコメント »

  1. ピンバック by FXで稼ぐための初心者の鉄則 — 2013年8月10日

    [...] QE縮小はドル高を招くのか? [...]

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

※ハンドルネームでもOKです

※フリーメールでもOKです

※未記入でもOKです

プロフィール

メールフォーム

ブログランキング

カレンダー


    2018年5月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

アクセスの多かった記事

カテゴリー

ブログランキング2





    FX

最近のコメント

相互リンク

RSSリーダー

myyahooRSS

GoogleRSS

HatenaRSS

LivedoorRSS?

goo RSS